【 2020年 】今と、これからと、

ブログ




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

新年明けましておめでとうございます。
本年も引き続き、このKUNYOTSU logをお楽しみいただけるよう、あなたのためになるApple Lifeを中心とした内容で更新していく所存です。

 

2019年、当ブログにおいては決して順調とは言い難く、Googleアップデートの影響が大きくのし掛かり、大変苦労の多い1年となりました。

またプライベートにおいても、新しい生命の誕生と2歳の息子の大きな手術があり、また本業においても大きな変化のあった1年でして、かなりバタバタした年だったという印象です。

子どもが高いところから落ちた!ずっと眠そうなら注意して!【息子と妻と僕の8日間】

2019.08.09

あれもやりたかった、これもやりたかった、そんな想いの中、年末を家族で過ごしていました。(しっかりと仕事にフルコミットしつつ家庭をしっかり顧みることは僕の終わらない目標です)

とはいえ、時間は待ってはくれず、あっという間に2020年。
今年は、オリンピックがみんなにとってのビッグイベントになることは間違いなく、個人的に毎回特別楽しみにしているわけではないけれど、今回は多少の特別感があるのは否めません。

さて、そんなビッグイベントをひかえた2020年、僕個人としては飛躍の年としたいという大きな目標ができました。

テキストばかりでつまらないものかもしれませんが、2020年一本目!お付き合いください。

KUNYOTSU logの今

さて、このKUNYOTSU logですが、実は2年以上続いており僕としてはそれだけでも及第点と思える成果ですが、やればやるほど欲は増え、目標はどんどんあがる一方です。

Googleアップデートでアクセス大幅減

今年は初のGoogleアップデートが被弾し、アクセスはガタ落ち。一時はブログを辞めようと決心までした僕でしたが、今かつての最高時の数字にようやく追いついたところです。
(Googleアップデート被弾後にやったことは後日まとめて記事にしたいと思います。)

【 ブログを辞める/続けるの瀬戸際に】KUNYOTSU logを運営して2年が経ちました

2019.10.15

 

いま、ブログを続けていられるのは、ご覧いただいている読者の方々と、家族の協力あってこそだと、このGoogleアップデートを経験してあらためて感謝しています。

ただ、あくまでも今現状はGoogleアップデート被弾前に戻っただけであることを忘れてはいけません。
2019年に目標として掲げてた数字は月間30万PV。

2019年KUNYOTSU log具体的目標について

2019.01.01

結果はその半分

 

なんと壮大な目標だったんだろうと、自分の能力を痛感させられました。
でも、それがわかったということは決して無駄ではないと自分に言い聞かせ、あらためて2020年の目標をここに掲げたいと思います。

2020年 くんよつの目標

2020年のテーマは「新たなる挑戦」です。

まずは当ブログにおいてです。

ブログは質へシフト

僕はブログ運営においてを意識した運営を心掛けて続けていました。それを2019年11月の時点で方向修正をし、1記事のを意識した運営に変えようと決めました。

これは、1か月30記事の更新を目標にしてやってきた2年間を考えると、僕にとっては大きな決断でした。なぜなら1か月30記事の更新を続けて結果がでていたからです。

ただGoogleアップデート被弾後、なにも守るものがなくなったKUNYOTSU logだからこそ、方向転換ができ新たなる挑戦へ目を向けることができました。
今では情報量の少ない記事は削除し、ひとつの記事におけるキーワードと情報の網羅性を意識した更新を少しずつ始めており、結果が徐々に見え始めているので、その方向に完全に舵を切りたいと今年は考えています。

 

ただ、ブログのアクセスが元に戻ったとはいえ、拭えない心配ができてしまいました。それはGoogleアップデートに再被弾する可能性があるということです。
これはサイト運営者の宿命ではありますが、ひとつに偏ることは精神衛生上良くないと感じました。

僕は、明日からブログを見てくれる人が0になってしまっても生活が困ってしまうわけではありません。(そもそも収益はそれほどありませんので・・・)

それでも、いままで来てくれていた人たちが急に、しかも大幅に減ってしまっては落ち込まないというほうが不自然です。
つまり、初めは見に来てくれなくて当たり前と思っていたブログも、見てくれているのが当たり前になってしまった結果、減ったときのショックが大きくなってしまったということです。これは一言「初心を忘れるな」と言われてしまえばそれまでなんですが、多くの人にとって同じ場面に直面すれば受けるダメージは大きいと思います。また、僕にとってそれほどブログの存在が大きくなっていた証拠でもあります。

新たなる情報発信の場

僕にとって、情報発信をして、それを見てくれる人がいるという喜びはなにものにも変えられないものがあり、今後まったくゼロにするということはもうできそうないと感じています。

だからこそ、そのショックを和らげるため、もうひとつ情報発信の場を創るということを2020年にやっていきたいと思いました。

 

それが新たなる挑戦の2つ目です。
情報発信の場は現状でもたくさんありますが、僕はYouTubeを選びました。

実際に2019年の5月からYouTubeにはブログの補足情報としてアップしていました。ただ、現状はチャンネル登録者数は200弱で、見られている動画も15,000弱で全然結果は残せていません。

なので、YouTubeの2020年の目標は、収益化の基準である登録者数1000とし、年内にしっかりと情報発信の場として確立していくよう計画していきます。

なんとなく、YouTubeって聞くとすごいYouTuberばかりが思い浮かぶのでこんな数字じゃ少ないと思う人も多いと思いますが、自分の能力を考えるとこのあたりが年内の目標になると考えました。高過ぎる目標では意味をなさず、低過ぎる目標ではやらなくなってしまう可能性があります。目標値のバランスは難しいですが、当面はこの数字とします。

いままでは、iPhoneXS Maxで撮ってiPad Pro12.9で編集していましたが、自分が作りたい動画を作るには何が必要で、どんな技術を習得することが必要なのかを少しずつ勉強していき、理想の作品を作っていけるよう動画にも大きな時間を割いていきたいと思います。

結果が欲しい

なにかを始めるとき、なにかを諦めなければならない、僕はそう考えています。

いまの生活はなにかがその時間を使っていて、良いものも悪いものもその時間を支配してしまっています。
だから、いまやってることをそのまま残して(なにも変えずに)新しいことを始めようと思っても、絶対に中途半端になってしまいます。

なにか結果が欲しいとき、この中途半端が1番悪くて、時間を削って頑張っていると思っているのに結果が出ないというイヤな思いをすることになりかねません。
そして、いまの僕には言い訳を探せばいくらでも出てきます。

 

時間がない、お金がない、子どもが小さくて手間がかかるから、副業だから、本業が忙しかったから、センスがない、才能がない、、、、、

 

そんな言い訳を並べたあげぐ、ブログの小さな小さな栄光にしがみつき続けるなんてカッコ悪いなって思うんです。

だからしっかりとここで宣言して、YouTubeでも成果を残したいと思っていて、それが月数千円かもしれないけれど、自分が考えたこと、自分が作ったものがお金に変わるというところまで成長させたいです。

YouTubeでも結果が欲しい。

一言でいえばこれに尽きます。
自分の日頃費やしている時間を考え、取捨選択してYouTubeに臨みたいと思います。

時代の流れは驚くほど速い

ブログで培ったことは、意外と本業でも活かせる場面がありました。僕はブログをやっていたからできたことや、出会った人がいるので、本当にやっていて良かったと思っています。

そして、2020年もブログで人に話せるような結果が残せていることは十分価値あることだと言えると思っています。

時代の流れに乗る

ただ、時代の流れは速く、それがたった数年先の2023年にもそう言えるかわからない状況だとも言えます。
動画の重要性が全体の割合で考えれば上がるのは間違いなく、写真が動画に変わり、文字が音声に変わるものがたくさん増えることは想像に難くありません。
そんな中でも、僕は文章で読むことも好きで、写真で見ることが好きで、やっぱり動画だけじゃない情報発信もしていきたいと思ってしまいます。
もちろん、テレビが普及した今でも、本がなくならなかったり、ラジオがなくならなかったりするわけで、同じようにウェブサイトも残り続けるのは間違いありません。

ただ、楽しむ人の割合は必ず変わります。

そういった流れの変化に乗るのが比較的好きなので、乗れるかどうかわかりませんが、乗れるよう努力していこうと思います。
そして、それはYouTubeの世界だけじゃなく、本業にも影響が出てくると思っているので、やって損になることはありません。

正解がわからないから

なんだか、わかった風に偉そうにいろいろ書いてしまいました。
たいした結果が残せているわけでもないのにと思わせてしまっていたらすみません。

僕は情報発信をするようになってまだ2年そこそこです。
それまでは本当になにもやってきませんでした。
だから、本当にわかってないことの方が圧倒的に多いです。

でもブログを始めて生活にメリハリが生まれ、経済的に少し余裕ができて、自分が好きなことを少しでも共感してもらえる場ができたことがとてもすごいことだと、あらためて思っているところです。
ブログに興味がある人についついすすめちゃう気持ち、なんとなくわかってもらえますかね?

ただ、本当に正解がないものだからいつも試行錯誤だし、無駄なこともたくさんやってきたと思うけど、挑戦していることは無駄にはならないと思いますし、多額のお金を使わないと始められないものでもありません。

挑戦しないこと、情報発信をしないことはもったいないこと。
思い返してみれば、2019年は挑戦が中途半端な年でした。
2020年はしっかりと挑戦して、上手くいくいかないに関わらず積み重ねていこうと思います。

今年もKUNYOTSU log、そして新しい挑戦をよろしくお願いします。

こちらの記事も人気です!