「住宅ローンが組めない・・・」 20代から気をつけてほしい【お金】の話

LIFE




ども、くんよつです。

今回は真面目なお金の話。

 

若いときってお金がないのは当たり前。

でも若いからこそ、欲しいものってたくさんある。

特に大学生から、社会人になって数年目は自由に使えるお金が増えて、物欲MAXのときなんじゃないかと思います。

今の若い人たち

「〇〇離れ」って良く聞きます。

でも田舎では自動車はなくてはならない存在だし、友達と遊ぶとなったとしても、いい遊び場所はないからお酒を飲むって選択肢を選ばざるを得ないことも多々ありますよね。

そして、ごく少数だとは思いますが、お金の使い方が雑になってしまっている人もいることは間違いありません。

 

自動車はローンで

自動車はローンを組んで買う人が圧倒的に多いですよね。

それ自体は悪いことではありません。

ただ、欲しい車のために、毎月の給料から逆算して組めるローンの金額のギリギリを組むことが問題になるのです。

なかなか毎月の自由なお金が少ないことがどれだけ辛いことか後で気づくことになってしまいます。

 

お酒の金額は無頓着

お酒は一回飲みに行くと、平気で5,000円は使っちゃうことないですか?

これ、不思議なんですが、なんでなんでしょうか?

普通の食事だと、1,500円でも考えちゃうことが、居酒屋となるとなぜか急に食事の上限が上がってしまう。

飲みに行くことを否定しているわけではなく、金額をしっかりと考慮して行く回数を制限する必要がありますね。

 

クレジットカードの使い過ぎ

わたしはキャッシュレスの観点から、クレジットカードを持つことをオススメしているんですが、そのクレジットカードも【支払いの先延ばし】で使い過ぎちゃうって人、間違いなく一定数います。

来月の支払いだから、服買っちゃおう!なんてやっていると、あっという間に支払いが困難な金額に・・・

 



 

給料は少ないけど、実際やりたいことと、収入のバランスが悪いのが20代前半から中盤にかけてだと思う。

この3つに共通しているのが、使い過ぎが曖昧になってわかりにくくなっているということ。

クレジットカードの使い過ぎが後でわかって【リボ払い】なんで最悪。

たくさん支払っているのに本当に元金が減ってないことに気づくのはかなり時間が経ってから。

これじゃあいつまで経ってもお金って貯まりません。

 

支払いの滞り

まぁそれでも毎月なんとか支払っている間は良いと思います。

 

ただ、本当に気をつけて欲しいのは【支払いの滞り】。

これ、不動産の仕事をしていると少なくない数で、夫婦のどちらか、若しくは両方が支払いの滞りを経験しています。

 

そのときは「また来月給料入ってから払えばいいや」と軽い気持ちで滞らせてしまっているかもしれません。

 

近い将来の話

結婚して、子どもができて、「そろそろ家買いたいね」って思うこと、まだまだ多くの夫婦が経験することだと思います。

  • 3年前に妻に言えない支払いの滞りが・・・
  • 主人に言えない借入が・・・

住宅ローンの申請をするタイミングで後悔することになります。

年収が上がり、一般的にこれくらいは借りれるかな?っていう金額は今の時代、調べれば簡単にわかります。

売ってる建物からこれくらい借りれれば買えると思っていても、住宅ローンが組めなければ家は買えないのです。

支払いの滞りは金融機関にバレてしまったらお金を借りるときに必ず不利になります。

 

クレジットカードの支払いの滞りや、消費者金融でのキャッシング

スマートフォンの月々の支払いにおいても、滞りがあれば金融機関が調べればわかってしまいます。

 

個人信用情報

【個人の信用情報】にクレジットカード支払いの滞りやキャッシングの返済の滞りがあれば情報として記載され、残念ながら住宅ローンが組めなくなってしまいます

 

これらの情報は5年ほど残るため、もし滞りがあるならば、そこから5年間はローンを組むことが難しくなってしまいます

 

今、家が買いたいと思っているのに、新しい家が買えると思ってワクワクしているのに、何年も待たなければいけないなんて。

そんな風にガッカリする夫婦を何組も見てきました。

 

もしいま、付き合っている彼氏彼女がいる、結婚を控えている、これから子どもが生まれる。

そんな境遇の人がいたら、自分の【お金】についてもう一度思い返してみてください。

 

もし「お金の事故」があったとしても、簡単にはその履歴は簡単には消えません。

勇気を持ってパートナーに相談してください。

借入があるなら、今の貯金から可能な限り出して早く返済してください。

滞りが過去にあったなら、正直にパートナーに打ち明けてください。

 

心構えがあれば、自分の状況が少しでもわかっていれば、将来を考え直すことができます。

 

この文章を読んでくれたあなたへ

いまから、【自分のお金】について考え始めましょう。

身近なお金の使い方から見つめ直しましょう。

お金は雑に扱えば、将来あなたを苦しめます。

お金をしっかり勉強して使えばもっと有効に使うことができます。

カーローンは比較的低金利で借りることができる良いローンだと思います。

クレジットカードも計画的に使えば、ポイントが貯まるうえに現金の煩わしさから解放されます。

 

もし、協力を仰げるパートナーや身内がいるなら、いっときの恥を捨てゼロからスタートしてください。

では。